打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • ぶつけた部分が
    ジンジン痛む

  • 運動中に
    ぶつけた部分が
    青あざになった

  • 頭をぶつけたら
    こぶができた

  • ぶつけた部分を
    押すと痛い

打撲は軽いものから重いものまで幅広くあります

気が付いたら身体に青あざができていた、などという経験はありませんか。

そのくらい簡単に、そして頻繁に起こってしまうケガ「打撲」です。

 

誰にでも起こり得るケガとして軽く考えられてしまうことも多いですが、

打撲の重さには幅があり、中には危険な打撲も存在します。

 

そんな打撲について詳しくご紹介していきます。

打撲改善メニュー Recommend Menu

注意が必要な「怖い打撲」があります

打撲は身近なケガで、日常生活の中でうっかり起こしてしまうことも少なくありません。

ですが、打撲の中には「怖い打撲」もあることをご存知でしょうか。

 

【打撲の症状】

 

主な損傷部位は皮下組織と筋肉で、打撲が起こると患部やその周辺が炎症を起こして熱感を持ち、腫れが出ます。
頭部を打撲した場合は「こぶ」ができることもあります。

ジンジンとした痛みがあり、内出血を起こすと皮膚が青紫色に変色して「青あざ」になることもみられます。
患部は直後よりも時間が経ってから激しく痛み出すというケースもあります。

打撲ではこういった症状が出ることが一般的ですが、「怖い打撲」では次のような大きな損傷が起こる可能性があります。

●脳の損傷

頭や顔を打ち付けた際に起こることがあります。
症状が遅れて出てくることがあるため注意が必要です。

 

●内臓や神経の損傷

腹部や背中を打撲すると起こることがあります。
ケガの後、嘔吐食欲減退などがみられる場合は危険性が高いです。

 

●骨折

ぶつけた衝撃で骨が折れてしまうことがあります。
激しい痛み腫れが長期間続くようであれば骨折の可能性が考えられます。

 

【打撲の原因】

 

●スポーツでの衝突

スポーツ中は他の選手とぶつかったり、ボールや用具にぶつかったりすることが多くなります。
また、転んで地面に打ち付けることもよくみられます。

 

●転倒・落下

階段で転んだり、高いところから落ちてしまうと身体を打ち付けて打撲が起こります。
足腰が弱い方の場合、さほど高くない場所から落ちただけでも打撲を起こすことがあります。
転倒や落下では頭を打ち付けてしまう可能性も高いため「怖い打撲」になる恐れもあります。

 

●物にぶつかる

ドアや家具などにぶつかって打撲を起こすことは日常的によくみられます。
交通事故などでも、狭い車内で身体をぶつけてしまい打撲になることが多いです。

腫れや内出血が広がる前に行う応急処置が重要です

日常でみられる打撲は軽く済むケースも多いですが、放っておいたら症状が進行して重症化していた、というケースも多くみられます。

打撲をしてしまった場合、まずは応急処置を行いましょう。

 

【打撲の対処法】

 

打撲をしたときは炎症を鎮めるために冷やし、ケガが悪化しないようなるべく安静にします。
打撲の応急処置にはこの「冷やす」「安静にする」が含まれた「RICE処置」を行うことが一般的です。

R:Rest(安静)

炎症が広がらないよう安静に保ちます。
骨折や脱臼などの症状の疑いがある場合は患部を布などで固定してなるべく動かさないようにしましょう。

 

I:Icing(冷却)

炎症を鎮めて痛みの緩和と内出血を抑えます。
保冷剤やビニールに入れた氷水をタオルなどで巻いて15~20分ずつ断続的に冷やしましょう。

 

Compression(圧迫)

弾性包帯などで軽く圧迫します。
打撲は皮下で出血が起きていることが多いため、血液が流れて患部から離れた部分にも腫れやあざが起こることがあります。
早期に圧迫することでこれらを防ぐ効果が期待できます。

 

Elevation(挙上)

血腫の形成を最小限に抑えるためになるべく患部を心臓より高い位置に置きましょう。

 

●テーピング

患部にテーピングをすることで圧迫による痛みの緩和や腫れの抑制の効果が期待できます。
また、カット綿と共にテーピングすることで患部の保護をして外から受ける影響の軽減に繋がります。

 

●怖い打撲の場合

骨が変形していたり変な方向に動いたりする場合は骨折の可能性があります。
また、頭を打った場合は意識障害手足のしびれ、腹部を打った場合は激しい腹痛や呼吸のしにくさなどがある場合は医療機関にかかるようにしましょう。

西葛西さくら整骨院の【打撲】アプローチ方法

打撲はコンタクトスポーツでのケガや、間違えて足の上に物を落としてしまったり、タンスやドアの角にぶつけてしまったり、日常生活で誰でも一度は経験があるかと思います。

受傷原因をしっかりと聞き、痛みのある部分、内出血の大きさ、関節の動きや筋力の低下を検査、そしてアイシングをして出血を止めることから始め、周りの固まってしまった筋肉を手技を使ってしっかりと緩めます。

患部に「ハイボルト療法」を行い内出血による腫れを散らし、痛みを抜いて治癒を早めます。
最後に固定や腫れを抑える効果が期待できる「テーピング」を巻き、湿布をはり、包帯で圧迫をします。

痛みが抜けてきたら、徐々に関節を動かすリハビリに移行して関節の可動域を取り戻していきましょう。

打撲は早ければ翌日から痛みが抜ける場合もありますが、たかが打撲と油断すると筋肉内の出血による内圧の上昇コンパートメント症候群や筋肉と骨の間に骨性の組織が形成されます。

また、骨化性筋炎と移行する事があるので当院では最後まで丁寧な施術を行います。
痛みは身体の悲鳴です。放って置かず当院で早期回復を目指していきましょう。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツをしていてケガをしたり、家事をしていてぎっくり腰になった場合は、健康保険を使って施術を受けることが可能です。
この他にも、交通事故によるケガの施術や、仕事中のケガの施術にも保険が使える場合があります。

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因を探すための検査としても使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与えて、筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすい経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

筋肉の動きに合わせて伸縮性のあるテーピングを貼る事で筋肉をサポートします。
腫れや炎症のある部分にも貼り方を変える事で、患部の圧迫、固定となり治癒力を高める効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面の膜を剥がす施術です。
ブレードと言う器具を使って、筋肉を剥がすように行います。
長時間のデスクワークで肩に張り感や痛みが出る方、最近身体が硬くなったと感じている方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:熊谷 友果(クマガイ ユカ)
【所有資格】
柔道整復師(国家資格)
柔道初段
【出身地】
岩手県
(花巻東高校卒業)
【スポーツ】
柔道
(小.中.高.専門学校)キャプテンやってました!
【趣味】
ランニング、フットサル、いかに美味しくビールを飲むか!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西さくら整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-16-12
最寄:西葛西駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中