スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 相手選手と
    衝突して
    ケガをした

  • いつも同じ
    部分を捻挫
    してしまう

  • ランニング中に
    膝が痛くなった

  • ひさしぶりに
    運動したら
    身体を痛めた

スポーツをしていると色々なケガの可能性があります

スポーツをしているとケガはつきものです。

 

転んだりぶつかったりして突然ケガをすることもあれば、

毎日のダメージの積み重ねで発症するケガもあります。

 

普段あまり身体を動かさない方が突然スポーツをして、身体を痛めてしまうこともあります。

 

スポーツのケガにいつでも対処できるよう、「予防」「対処」を心がけましょう。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」が起きるタイミング

スポーツのケガには「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類があります。

まずはそれぞれについてみていきましょう。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ外傷とは、一度の強い外力によって起こる明らかな受傷起点があるケガのことをいいます。
具体的には次のようなケガが挙げられます。

 

●骨折

骨にヒビ・一部の欠け・完全に折れた状態全て含めて骨折と呼び、これらは強い外力が加わることで発生します。
転倒や衝突によって起こることが多いため、ラグビーやバスケットボールなどのコンタクトスポーツや格闘技などの最中に起きやすいです。

折れた骨が皮膚を突き破って露出した状態を「複雑骨折」、骨が粉々に砕けることを「粉砕骨折」、骨がつぶれたように変形することを「圧迫骨折」などと呼び分けています。

 

●脱臼

関節を形成している骨が完全に離れてしまうことを脱臼と言います。
骨が部分的にずれてしまった状態のことは「亜脱臼」と呼ばれています。
こちらも強い衝撃で起こることが多い症状です。
スキーなどで転倒して手をついたときや、バレーボールのサーブやテニスのスマッシュの瞬間に起こることが多くみられます。

 

●捻挫

関節を不自然な形に捻ってしまうことで靱帯が損傷した状態を捻挫といいます。
捻挫は症状が3段階にわけられ、靱帯が一時的に伸びている程度を「1度」、靱帯の一部が切れている状態を「2度」、靱帯が完全に切れてしまうことを「3度」と分けています。
バスケットボールやバレーボールなどでジャンプの着地に失敗したり、ランニング中に足を挫いてしまうことで起こることが多いです。

 

●打撲

打撲とは、外からの衝撃によって皮膚やその下の軟部組織などに損傷を受けることをいいます。
打撲も転倒衝突によって起こることが多く、ラグビーやバスケットボール、格闘技などでの受傷が多い傾向があります。

 

●挫傷

肉離れは筋肉が断裂することで起こるケガです。
筋肉が切れる「ブチッ」という音が聞こえることがあります。
急なダッシュやストップで起こることが多く、テニスのプレー中に起こることが多くみられます。

 

【スポーツ外傷によくある原因】

 

●転倒・衝突

走っていて転ぶ、相手選手やスポーツ用具に衝突するなどによって強い衝撃を受けることで「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」等のさまざまなケガを受傷することがあります。

 

●柔軟性不足

ウォーミングアップや日々のストレッチ不足により筋肉や関節が硬い状態でスポーツを行うことで「捻挫」「挫傷」「脱臼」などに繋がることがあります。

 

●日常生活

スポーツ外傷はスポーツ中にだけ起こるわけではありません。
日常生活の中でも階段や段差で転倒したり、物や壁などにぶつかってケガをすることがあります。
また、交通事故などでもスポーツ外傷と呼ばれるケガを負うことがあります。

 

●骨格や関節が不完全である

まだ骨格や関節が不完全である子どもの場合、「骨折」「脱臼」を起こす可能性が大人よりも高くなります。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、スポーツや日常生活による疲労の蓄積によって起こる障害のことを指します。

 

●スポーツ障害の主な原因

・オーバーユース(overuse):身体の使い過ぎ、疲労の蓄積

・ミスユース(misuse):間違っているフォームや身体の使い方

・ディスユース(disuse):準備運動不足、急な運動で身体に負荷がかかること

スポーツ選手だけでなく、部活の練習などでも毎日繰り返し行うことで同じ部位に負荷がかかり続けると発症します。
代表的なスポーツ障害には次のようなものがあります。

 

●テニス肘・野球肘

投球やラケットを振る動作を繰り返すことで肘の外側と内側に痛みが出ます。

●野球肩

過度な投球動作により関節包や腱、筋肉などが損傷してしまい肩の前方または後方と上腕に痛みが出ることがあります。

●オスグッド病

主に成長期に、膝のオーバーユースによって起こります。
ジャンプやボールを蹴り上げる動作の繰り返しが原因になることが多いです

●疲労骨折

骨の同じ部分に継続的に力が加わることで折れてしまうことをいいます。

「予防」と「対処」でスポーツを楽しみましょう

スポーツによるケガで大切なことは、スポーツのケガに繋がらないよう日々身体のケアを心がけることと、ケガが起こってしまった時にしっかり対処を行うことです。

 

【スポーツのケガの対策】

 

●行うスポーツに合わせたトレーニングをする

基礎体力をつけることはもちろん、スポーツの種目に合わせたトレーニングを行いましょう。
種目によって使うことが多い部位が異なるため、その部位を重点的に鍛えることがケガの予防にも繋がります。
また、そのスポーツの正しいフォームを身につけることも大切です。

●ウォーミングアップ・クールダウンを欠かさない

ウォーミングアップで身体の温度が上がると筋肉が滑らかに動くようになります。
また、体温が上がることで血液中の酸素が身体の隅々まで届きやすくなり、身体に疲れが溜まりにくくなります。

クールダウンには疲労して硬くなった筋肉をストレッチで和らげることで、 筋肉の疲労を軽減させる効果が期待できます。
筋肉に疲労を蓄積させないためにもスポーツの前後には入念に行いましょう。

●身体をしっかり休める

十分な休息をとれていないと身体のコンディションが悪い状態でスポーツをすることになってしまいます。
筋肉の疲労も回復できず、ダメージが蓄積されていってしまうためケガを負うリスクが高まります。
自分の体力やその日のコンディションを把握して練習プランを立てること、しっかり休息をとって身体を休めることがケガの予防に繋がります。

 

【スポーツによるケガの対処法】

 

●RICE処置

スポーツによるケガをした場合、一般的にはRICE処置を行います。

R:Rest(安静)
安全な場所に移動し、炎症が広がらないよう患部を安静に保ちます。

I:Icing(冷却)
炎症を鎮めて痛みや内出血を抑えるため、保冷剤や氷水をビニールに入れタオルで巻いたものなどを使って冷やします。
15~20分程痛みを感じなくなるまで冷やして一旦止め、また痛みが出始めたら冷やすことを繰り返します。

Compression(圧迫)
内出血や腫れを抑えるために患部とその周辺を弾性包帯などで巻きながら圧迫しましょう。

Elevation(挙上)
腫れの早期回復のために患部を心臓より高く挙げます。物を上手く利用して位置を固定しましょう。

 

●テーピング

スポーツによるケガを負った際、テーピングをすることで次のような効果が期待できます。

・応急処置
患部の固定圧迫をして症状が悪化することを防ぎます。

・可動域の制限
テーピングをすることで関節の可動域を制限することができます。
ケガによっては特定の動きをすることで痛みが出ることがあるため、テーピングをすることでその動きを制限して痛みの緩和を目指します。

・疲労回復の促進
テーピングの仕方によっては、筋肉の伸縮を助けて痛みや疲労の回復を促進する効果が期待できるものもあります。
スポーツ障害などの慢性的な痛みの場合に行われます。

西葛西さくら整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

カウンセリング、エコー等の検査により損傷部位を特定し、さらになぜ痛みが出てしまったのか原因をはっきりとさせます。

そうすることにより、手技療法や「ハイボルト療法」により損傷部位を回復させていくことはもちろん、再発防止のための運動療法や正しい身体の動かし方の獲得を目指します。

スポーツへの早期復帰の為に「テーピング」で固定を行い、損傷している軟部組織等の回復を促すため「ハイボルト療法」を行います。

また、運動療法も早期に取り入れる事により最短での競技復帰を目指して施術の計画を立てます。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツをしていてケガをしたり、家事をしていてぎっくり腰になった場合は、健康保険を使って施術を受けることが可能です。
この他にも、交通事故によるケガの施術や、仕事中のケガの施術にも保険が使える場合があります。

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因を探すための検査としても使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与えて、筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすい経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

筋肉の動きに合わせて伸縮性のあるテーピングを貼る事で筋肉をサポートします。
腫れや炎症のある部分にも貼り方を変える事で、患部の圧迫、固定となり治癒力を高める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人それぞれの生活スタイル、歩き方や姿勢のくせによって変化する骨盤のゆがみを整えます。
骨盤の状態がどうなっているのか、何が原因でゆがんでいるのかを姿勢を撮影して検査し、矯正の施術を行います。
家族や友人に姿勢の悪さを指摘された、姿勢が悪い自覚のある方におすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面の膜を剥がす施術です。ブレードという器具を使って、筋肉を剥がすように行います。
長時間のデスクワークで肩に張り感や痛みが出る方、最近身体が硬くなったと感じている方におすすめです。

 

■ドレナージュ
【EHD】

目の周りとお腹を温め、後頭部を冷やします。
そこから専用のクリームを使い、血液やリンパの流れを促進して痛みを和らげていきます。
頭痛や目の疲れ、首回りの症状に対して効果が期待できます。

 

【DPL】

足のリンパを流す施術です。
ボディオイルを使用し、足→ふくらはぎ→膝の順番に手技でリンパを流していきます。
むくみやすい、足先が冷える、足が疲れやすい方におすすめです。
足のリンパを流す事で血行促進、代謝アップ、筋疲労改善に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊谷 友果(クマガイ ユカ)
【所有資格】
柔道整復師(国家資格)
柔道初段
【出身地】
岩手県
(花巻東高校卒業)
【スポーツ】
柔道
(小.中.高.専門学校)キャプテンやってました!
【趣味】
ランニング、フットサル、いかに美味しくビールを飲むか!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西さくら整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-16-12
最寄:西葛西駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中