ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 急に激痛が
    走って動け
    なくなった

  • ぎっくり腰の
    再発が怖い

  • 慢性的な
    腰痛がある

  • 仕事で腰を
    使うので不安だ

「腰への思いやり」でぎっくり腰のない生活をしましょう

ぎっくり腰は「突然起こる」という印象が強いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな怖いぎっくり腰は

私たちの日常生活の積み重ねから起こっています。

 

ぎっくり腰を起こさないための「腰を思いやった生活」を意識してみましょう。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰は腰の「捻挫」や「肉離れ」

ぎっくり腰は正式には「急性腰痛症」といって、その名の通り急に腰に痛みが出ることを指します。

欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれているくらい激しい痛みに襲われ、動けなくなってしまうこともあります。

老若男女問わず起こり得ることも特徴です。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

誰にでも起こる可能性があるぎっくり腰ですが、その原因ははっきりとは明らかになっていません。

一般的に、腰椎を支えている関節や筋肉などに損傷・炎症が起こることで強い痛みが生じると考えられています。

 

●関節が原因の場合

腰の関節の柔軟性が低下することで、急な動きや捻りに対応できずぎっくり腰を引き起こしてしまうことがあります。

「腰椎捻挫」と言われることもあるくらいよくみられる原因です。

 

●筋肉が原因の場合

筋肉に疲労が蓄積しているとぎっくり腰を引き起こすリスクが上がります。

・腰
疲れが溜まると筋肉は硬くなり、ちょっとした動きでも部分損傷を起こすことがあります。
これは「腰の肉離れ」です。
また、硬くなった筋肉は関節を圧迫してしまうため腰椎捻挫の原因になってしまうこともあります。

 

・太ももやお尻
太ももやお尻の筋肉が硬くなって伸びにくくなり、上手く使えなくなるとさまざまな動作の負担が腰にかかってきます。
腰の負担が増えることで筋肉疲労やぎっくり腰を起こすきっかけになることもあります。

 

・内臓の疲労
暴飲暴食食生活の乱れが続くと内臓が疲弊し、固く重くなった内臓を支えようとする腰回りの筋肉に負荷がかかります。
また、無意識に内臓をかばう動きをしてしまうため偏った負荷が生じ、身体がゆがんで結果的に腰に負担がかかる場合もあります。

ぎっくり腰予防法で再発も防止しましょう

ぎっくり腰はつらいものです。

だからこそしっかりとした対処と予防・再発防止が重要になってきます。

特に予防は普段の生活の中で意識できるものが多いです。
実践してぎっくり腰を恐れない毎日を送りましょう。

 

【ぎっくり腰の対処法】

 

●発症直後~2,3日

炎症を起こしているため、安静にしながら患部を氷水で濡らしたタオルやアイスパックなどで冷やしましょう。

発症から48時間は炎症物質が出続け、痛みのピークは初日ではなく2日目や3日目であることも多いと言われています。
この期間は無理して腰を動かしたりせずしっかり冷却を続けましょう。

 

●3日目以降

3日目以降、激しい痛みがなくなってきたら冷やすことから温めるケアに変えていきましょう。
また、少しの痛みであればいつも通りの生活を心がけることで早期回復に繋がります。
出来る範囲でマッサージやストレッチなどを行うことも筋肉を緩めて血行促進する効果が期待できます。

 

【ぎっくり腰の予防法】

 

●腰の負担になる姿勢をとらない

猫背反り腰の姿勢は、腰に大きな負担となるため改善するようにしましょう。
また、前屈みの姿勢になる時はなるべく膝も曲げ、腰だけで屈まないようにすることが大切です。

何か作業中に気分転換で伸びをしたり身体を捻ったりする方もいらっしゃいますが、固まった身体を急に動かすとぎっくり腰を引き起こすことがあるため少しずつ動かすようにしましょう

 

●適度な運動を行う

腰を支えるための筋力アップや、筋肉や関節を柔軟に保つために運動習慣をつけるようにしましょう。
ストレッチは朝ラジオ体操を行うなどの簡単なことを毎日続けることが大切です。

腰に負担をかけないウォーキングや、腰周りを支えてくれる腹筋や背筋を鍛える運動などを取り入れることがおすすめです。

 

●良い食事と睡眠をとる

栄養バランスの取れた食事と良い睡眠は内臓や筋肉の疲労の回復に繋がります。
身体全体でみても良い効果が期待できるため、できるだけ意識して取り組んでいきましょう。

西葛西さくら整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

当院では「ハイボルト療法」を使ったぎっくり腰の施術を得意としています。
組織の修復を早め、その場で痛みを急激に下げる効果が期待できます。

電気療法が苦手な方には関節包内矯正を使い、安全で身体に負担の少ない施術も行えますので、あらゆる患者さんの対応が可能です。

早くて1日、長くても5日~1週間で痛みを緩和させることが期待できます。

また、ご希望の方には、今後ぎっくり腰が再発しないよう、予防法のアドバイスも行っています。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因を探すための検査としても使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与えて、筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすい経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

筋肉の動きに合わせて伸縮性のあるテーピングを貼る事で筋肉をサポートします。
腫れや炎症のある部分にも貼り方を変える事で、患部の圧迫、固定となり治癒力を高める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人それぞれの生活スタイル、歩き方や姿勢のくせによって変化する骨盤のゆがみを整えます。
骨盤の状態がどうなっているのか、何が原因でゆがんでいるのかを姿勢を撮影して検査し、矯正の施術を行います。
家族や友人に姿勢の悪さを指摘された、姿勢が悪い自覚のある方におすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面の膜を剥がす施術です。
ブレードと言う器具を使って、筋肉を剥がすように行います。
長時間のデスクワークで肩に張り感や痛みが出る方、最近身体が硬くなったと感じている方におすすめです。

 

■カッピング

痛みを感じている部分に透明のカップを吸着させ、中を真空状態にして吸い込んでいきます。
身体の表面の循環を促進することで表層の筋肉を柔らかくしていきます。
肩や腰の痛みや血行不良による不調の緩和に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊谷 友果(クマガイ ユカ)
【所有資格】
柔道整復師(国家資格)
柔道初段
【出身地】
岩手県
(花巻東高校卒業)
【スポーツ】
柔道
(小.中.高.専門学校)キャプテンやってました!
【趣味】
ランニング、フットサル、いかに美味しくビールを飲むか!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西さくら整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-16-12
最寄:西葛西駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中