股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩きづらさ
    を感じる

  • 動くと足の付け根が痛い

  • 痛くて正座が
    できない

  • 長い時間立っていられない

体幹バランスと股関節痛の関係

つま先立ち片足立ちを上手にできますでしょうか。

 

これらをするとすぐ倒れてしまう「身体の体幹バランスの悪い方」は、

股関節痛が出やすい身体かもしれません。

 

身体のバランスと股関節痛にどのような関係があるのか、詳しくみていきましょう。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

骨盤と股関節は密接に関係しています

股関節は、骨盤にある臼のような形をした部分と太ももの骨の先端にある球形の部分が組み合わさってできています。

股関節が左右から支えることで骨盤の位置が安定するため、私たちはしっかりした歩き方ができると考えられます。

また、股関節が複雑に動いてクッションの役割を果たすことで身体の回旋運動なども行えると言われています。

 

【股関節痛の原因】

 

●変形性股関節症

股関節が変形して炎症を起こしてしまうことで発症する病気です。
加齢過度な負担の積み重ねによって股関節の軟骨がすり減ることが変形の原因と考えられ、中高年の方に多くみられます。

普段の姿勢や歩き方が悪いと身体のバランスが崩れ、骨盤がゆがむことで支えきれなくなった体重が片方の股関節にかかってしまい、変形性股関節症の発症を早める可能性があります。

 

●お尻の肉離れ

お尻には沢山の筋肉が層になっているため、無理な体勢急な衝撃などで肉離れを起こすことがあります。

 

●オーバーユースによる炎症

スポーツなどによって股関節周辺の筋肉を繰り返し使いすぎることで、筋肉疲労が蓄積して炎症を起こす可能性があります。
繰り返しの動きは軟骨がすり減り変形性股関節症に繋がることもあります。

 

【女性の発症が多い理由】

 

股関節痛は女性の発症が多いと言われています。
女性は筋力が弱く、出産があるため関節が緩く骨盤が横に広がっているため、股関節にかかる力が男性よりも大きいことなどが関係していると考えられています。
産後には骨盤がゆがみ、股関節の開きがアンバランスになることもあって股関節痛が起こりやすくなります。

また、子宮筋腫子宮内膜症などの婦人科系の病気の場合、腫瘍が神経を刺激してしまい股関節痛を感じることがあります。
これらの理由により、女性は男性よりも股関節痛を起こす可能性が高いと考えられます。

股関節痛に1番多い「変形性股関節症」

先ほど挙げた原因の中で、股関節痛の中でも1番多くみられるものが「変形性股関節症」です。

今回はこの変形性股関節症について詳しくご紹介いたします。

 

【変形性股関節症について】

 

変形性股関節症は進行性の病気で加齢と共に徐々に悪化していき、一度変形した股関節は発症以前の状態に戻ることはないと言われています。

また、変形性股関節症には、明らかな原因がなく老化などが原因で起こる一次性のものと、何らかの病気やケガが原因で起こる二次性のものがあります。

 

●初期症状

動作の始めに違和感を覚える程度の症状です。

股関節周辺にハリ感などがある場合もあり、その違和感が段々と大きくなって歩きにくさを感じる傾向があります。

 

●進行時の症状

痛みが増し、安静時痛夜間痛などが出ることもあります。
長時間の歩行や立っていることがつらくなり、階段昇降や正座などの股関節の曲げ伸ばしが難しくなって日常生活に支障をきたしてしまうことも多くみられます。

 

【変形性股関節症の対策】

 

●普段の姿勢や歩き方を見直す

股関節に負担のかかる体勢を繰り返しとることで負担が大きくなってしまいます。
片側に重心をかけて立つことや早足、あぐらや正座などは股関節に負担がかかるためなるべく避けましょう。

また、猫背反り腰などの悪い姿勢がくせになっていると、身体のバランスの崩れに繋がって股関節にも偏った負荷がかかります。
自分の姿勢や歩き方を今一度見直してみましょう。

 

●股関節周辺の筋肉をほぐす

筋肉がこって硬くなると、関節を圧迫してスムーズに動かなくなってしまいます。
日頃から股関節周辺の筋肉をほぐすことを意識しましょう。

仰向けに寝て片足を胸に近づけて両手で抱え込む「ニーアップ」などのストレッチがおすすめです。
痛みが強い場合、ストレッチは中断し、安静にしてするようにしてください。

西葛西さくら整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

当院では、関節の動きや筋肉の状態、痛みの出る場所を確認していき施術を行います。

痛みだけではなく、関節の可動域の制限クリック音という関節の引っ掛かりからくる破擦音が出る場合もあります。
まず、その原因である所に対して手技や「ハイボルト療法」を行い、その次に股関節の動きを作っていきバランスを整えていきます。

股関節の動きの悪さや全身のバランスの崩れなどからさまざまな症状が発症してしまうので、根本から施術して改善していく必要があります。

特に産後からの股関節の痛みは育児や家事にかなりのストレスがかかりますので、我慢せずにご相談ください。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因を探すための検査としても使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与えて、筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすい経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

筋肉の動きに合わせて伸縮性のあるテーピングを貼る事で筋肉をサポートします。
腫れや炎症のある部分にも貼り方を変える事で、患部の圧迫、固定となり治癒力を高める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人それぞれの生活スタイル、歩き方や姿勢のくせによって変化する骨盤のゆがみを整えます。
骨盤の状態がどうなっているのか、何が原因でゆがんでいるのかを姿勢を撮影して検査し、矯正の施術を行います。
家族や友人に姿勢の悪さを指摘された、姿勢が悪い自覚のある方におすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面の膜を剥がす施術です。
ブレードと言う器具を使って、筋肉を剥がすように行います。
長時間のデスクワークで肩に張り感や痛みが出る方、最近身体が硬くなったと感じている方におすすめです。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足のリンパを流す施術です。
ボディオイルを使用し、足→ふくらはぎ→膝の順番に手技でリンパを流していきます。
むくみやすい、足先が冷える、足が疲れやすい方におすすめです。
足のリンパを流す事で血行促進、代謝アップ、筋疲労改善に効果が期待できます。

 

■カッピング

痛みを感じている部分に透明のカップを吸着させ、中を真空状態にして吸い込んでいきます。
身体の表面の循環を促進することで表層の筋肉を柔らかくしていきます。
肩や腰の痛みや血行不良による不調の緩和に効果が期待できます。

 

■MCE(モーターコントロールエクササイズ)

インナーマッスルを鍛えることで、骨盤の後傾を改善して痛みの緩和を目指す運動療法です。
長時間同じ姿勢がつらい方、スポーツのパフォーマンスUPを目指している方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:熊谷 友果(クマガイ ユカ)
【所有資格】
柔道整復師(国家資格)
柔道初段
【出身地】
岩手県
(花巻東高校卒業)
【スポーツ】
柔道
(小.中.高.専門学校)キャプテンやってました!
【趣味】
ランニング、フットサル、いかに美味しくビールを飲むか!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西さくら整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-16-12
最寄:西葛西駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中