四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 急に腕が上がら
    なくなった

  • じっとして
    いても肩が痛い

  • 寝ていても
    肩が痛くて
    目が覚める

  • 肩を動かすと
    痛みが出る

日常生活が不便になる「四十肩・五十肩」

日常生活の中で「服が着替えにくい」「頭が洗いにくい」と思ったことはありませんか。

 

肩や腕が動かしにくくなり、今まで何気なく行っていた動作に不便を感じるようになったら、

それは「四十肩・五十肩」かもしれません。

 

四十肩・五十肩への対策をしっかり行って快適な毎日を取り戻しましょう。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩は肩こりとは違います

四十肩・五十肩は、肩関節周辺に炎症が起こる症状で、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

中年層に多くみられる症状のため「四十肩・五十肩」と言う通称が一般的によく知られています。

肩こりと勘違いされることも多いですが、肩周辺の筋肉疲労が原因で起きている肩こりには肩や腕の動かしづらさ動かした時の痛みなどは起こりません。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

●肩関節周辺の炎症

加齢などが原因で肩周囲の筋肉・腱・靭帯・関節包などが炎症を起こすことで発症すると考えられています。

 

●肩関節が硬くなる

運動不足や不良姿勢・同じ姿勢を長時間続けていたりすると血行不良を起こして肩周りの筋肉や靭帯の柔軟性が低下し、肩の関節が硬くなって動かしにくくなってしまいます。

さらに、関節が硬くなった状態だと損傷しやすくなり炎症を引き起こすリスクが高まります。

 

●ストレスやホルモンの影響

過度なストレスやホルモンの影響で自律神経が乱れると、血液循環が悪化して四十肩・五十肩に繋がる可能性があります。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩には「急性期」「慢性期」「回復期」と3つのステージがあり、時期ごとに症状が異なります。

 

●急性期

急性期は肩に重い鈍痛からズキズキとした疼痛が起こり、腕の違和感から動かす時の痛みに変わっていきます。
「安静時痛」「夜間時痛」など、じっとしていても痛むことが多くなり眠れなくなってしまう方もいらっしゃいます。

●慢性期

夜間時痛や安静時痛は軽くなりますが、急性期に安静にしていたことで関節が固まってしまい可動域が狭くなっています。

●回復期

動かしても痛みが出なくなっていき、動かせる範囲も少しずつ広くなっていきます。

四十肩・五十肩には正しい対処と予防が重要です

四十肩・五十肩は一度発症してしまうと半年以上、長いと3年ほど症状が続くとも言われています。

なるべく早く不便な時期を乗り越えるためには、症状に合わせた対処を行うことが大切です。

また、今は症状がない方も予防のための行動をすることが将来の発症を防ぎます。

 

【四十肩・五十肩の対処法】

 

●急性期

炎症を起こしているため、無理に動かしたりせず安静にすることが重要です。
安静にすることが難しい場合は、三角巾やアームスリングなどで固定することもおすすめです。

 

●慢性期

入浴やホットタオルなどで肩を温めて血行を促進しましょう。
肩を冷やさないようにストールなどを巻いて保温することも大切です。
痛みがひどくない時には無理のないストレッチをして可動域の改善に努めましょう。

 

●回復期

痛みが引いてくるため、今までやりにくかったラジオ体操などの大きな動きのストレッチを取り入れましょう。
この時期にしっかり動かしておかないと、四十肩・五十肩が改善した後も可動域が狭いままになってしまう可能性があります。

 

【四十肩・五十肩の予防法】

 

●運動やストレッチをする

筋肉は使わないと固まってしまいますので、運動やストレッチなどで定期的に動かして柔軟性の低下を防ぎましょう。
また、筋肉を動かすことで血行もよくなるため四十肩・五十肩の予防に効果が期待できます。

 

●姿勢を意識する

デスクワークや家事などで同じ姿勢を続けていると筋肉が固まって血液循環も悪くなります。
こまめに休憩を挟んで身体を動かすようにしましょう。
また、猫背などの不良姿勢や、ハイヒールを履く、足を組むなどの姿勢を崩してしまう癖は血行不良やさまざまな不調に繋がるため改善するようにしましょう。

 

●良い生活習慣をつける

栄養バランスの取れた食事や良質の睡眠をとることで、身体や筋肉に疲労を残さないことも予防に繋がります。
血行促進効果が期待できる玉ねぎ・お酢・リンゴや、軟骨を形成してくれるグルコサミンが含まれた鮭・ウナギ・手羽先なども積極的に食べることで四十肩・五十肩の発症リスクを減らすことが期待できます。

西葛西さくら整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

炎症期(じっとしていても痛い。ズキズキする。夜も眠れない)の強い痛みに対しては、ハイボルトと言う周波数の高い電気療法を行います。
ハイボルト療法は炎症を抑え、除痛の効果が期待できます。

後退期(なんだか重い。動きが悪い)は運動療法が大切です。
痛くて自分では動かす事のできない範囲を、手技を使って動かせるようにしていきます。

四十肩・五十肩の根本の原因は不良姿勢運動不足です。

経過に合わせて姿勢改善施術と簡単な肩のストレッチ、セルフで行えるトレーニングのアドバイスなどで早期回復を目指します。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因を探すための検査としても使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与えて、筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすい経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

筋肉の動きに合わせて伸縮性のあるテーピングを貼る事で筋肉をサポートします。
腫れや炎症のある部分にも貼り方を変える事で、患部の圧迫、固定となり治癒力を高める効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人それぞれの生活スタイル、歩き方や姿勢のくせによって変化する骨盤のゆがみを整えます。
骨盤の状態がどうなっているのか、何が原因でゆがんでいるのかを姿勢を撮影して検査し、矯正の施術を行います。
家族や友人に姿勢の悪さを指摘された、姿勢が悪い自覚のある方におすすめの施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面の膜を剥がす施術です。
ブレードと言う器具を使って、筋肉を剥がすように行います。
長時間のデスクワークで肩に張り感や痛みが出る方、最近身体が硬くなったと感じている方におすすめです。

 

■カッピング

痛みを感じている部分に透明のカップを吸着させ、中を真空状態にして吸い込んでいきます。
身体の表面の循環を促進することで表層の筋肉を柔らかくしていきます。
肩や腰の痛みや血行不良による不調の緩和に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:熊谷 友果(クマガイ ユカ)
【所有資格】
柔道整復師(国家資格)
柔道初段
【出身地】
岩手県
(花巻東高校卒業)
【スポーツ】
柔道
(小.中.高.専門学校)キャプテンやってました!
【趣味】
ランニング、フットサル、いかに美味しくビールを飲むか!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:西葛西さくら整骨院
住所〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-16-12
最寄:西葛西駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院 公式SNSアカウント 西葛西さくら整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西葛西さくら整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中